花粉症KAHUNSHOU

花粉症対策〜今年の花粉は例年の10倍〜30倍、正しい対策で花粉症改善

 

花粉症

今年は昨年の10倍〜30倍以上の花粉飛散予想!

今年は、昨年の猛暑の影響で非常に多くの花粉の飛散が予想されています。今まで花粉症ではなかった人も今年は注意が必要です。

花粉症とはどんな病気?

花粉症とは,スギやヒノキなどの植物の花粉が起こすアレルギー症状のことを言います。花粉症によって起きるアレルギー症状には、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、充血などがあり、その他にも喉のかゆみや皮膚のかゆみ、熱っぽさなどが上げられます。このような症状が出た場合は、できるだけ早く病院に行きアレルギーの原因を見つけ、処方された薬を服用することをお勧めします。病院に行く時間のない方は薬局に行き、薬剤師に相談して購入した薬を服用してもアレルギー症状はだいぶ緩和されるでしょう。

花粉症にかかったら

日本人の約10%が花粉症で悩んでいるといわれています。花粉症にかかったら早めの治療開始が効果的です。花粉症の症状が出てからでは、薬を服用しても十分な効果は得られません。花粉飛散情報をこまめにチェックし、花粉が飛散し始める前から薬を服用することが効果的です。今年の花粉飛散情報では2月10日位からと出ています。

花粉症対策

普段から出来る花粉症対策

家の中では
  1. 窓は開けない
  2. 洗濯物は外に干さない
  3. こまめに部屋の掃除をする(拭き掃除)
外では
  1. 風の強い日にはできるだけ外出しない
  2. マスクやめがねをかける
家に着いたら
  1. 家に入るときは、衣服の花粉を手で払ってから中に入る
  2. 髪の毛に付いた花粉を払う
  3. うがい、手洗いをする
  4. 顔を洗う
  5. 目を洗う

花粉症対策マスクの選び方と注意

  • つけたときにマスクと顔の間に隙間ができない物
  • マスクの目が細かいもの
  • マスクに付いた花粉は洗っても取れないので新しいものに変える。

 痔 目の病気

花粉症に対抗する免疫力をつけよう!

免疫機能が低いと、花粉症などのアレルギーにかかりやすい体になります。食生活で花粉症を防ぐことはできませんが、免疫機能を高め、症状を緩和させることはできます。免疫機能を高める食品にはヨーグルト、バナナ、にんじん、ミント、しそ、ミント、緑茶などがあります。ヨーグルトやバナナは食後やおやつに、にんじんはそのままでもいいのですが、ジュースにすると吸収されやすいでしょう。しそはジュースやサプリメントなどもあり、ドラックストアーなどに売られています。コーヒーの代わりにミントティーや緑茶を飲むことで簡単に免疫機能を高める食品を摂ることができます。
花粉症対策は花粉が飛散し始める2週間前から始めるとが肝心です。

シソ - エゴマ油 - インフルエンザ - 花粉症 - シークワーサープライバシーポリシー